切らないワキガ治療の感想と治療の流れについて

ワキガ治療ミラドライを受けることに決めた理由

私は小学生になった頃から、自分の脇の匂いに悩んでいました。夏にはもちろん汗を掻くので臭うのですが、冬の寒い日でも厚着によって脇が蒸されてひどい匂いがしていました。長い間コンプレックスに思っており、自分でもすぐにシャワーを浴びたり、制汗剤を使用したりするなど対策は行ってきたのですが、どれも効果はイマイチでした。大学生になった頃、もう我慢できないと思い治療を受けることにしました。 私は痛みにとても弱く、傷跡が残るのも避けたいと思っていました。そんな時にミラドライというワキガ治療方を見つけました。ミラドライは、切らない治療法で半永久的な効果を発揮するとのことで、私にピッタリだと思いすぐに治療の予約をしました。

ワキガ治療ミラドライの治療の流れについて

予約した当日、ドキドキしながらクリニックに向かいました。到着してからは、まずカウンセリングが行われ、その後ミラドライの詳しい説明を受けました。ここで先生がとても詳しく治療内容などを説明してくださったので、安心して治療を受ける心の準備ができました。 治療の流れとしては、まず局部麻酔を打たれました。チクリとする程度でした。その後麻酔が効いたのを確認し、機械を使ってマイクロ波を照射されました。麻酔がしっかり効いていることや、照射と同時に冷却も行われるため、熱さや痛みは全くありませんでした。私は少しは熱さや痛みを感じると思っていたので、実際に治療を受けてみて本当に安心しました。施術は約1時間程度で終わりました。

ワキガ治療を受けた後の詳しい経過について

実際に病院に到着して手術を終えて帰るまでに、2時間もかかりませんでした。術中の痛みはなかったものの、術後痛みが出る可能性があるとのことで痛み止めを処方されました。帰宅して脇を見てみると、少し赤みと腫れが出ていました。夜は少し痛みが出てきたので、痛み止めを飲みましたが、ぐっすり眠ることができました。赤みはすぐになくなり、腫れも数日で引いていきました。日常生活を送る上での不便なことはなく、普段通りの生活を送ることができました。数ヶ月も経つと、腫れもいっさいなくなりました。自分でも匂いを気にすることがなくなり、家族にも臭わなくなったと言われました。 長年のコンプレックスを解消することができ、この治療法を受けて本当に良かったと思いました。

傷跡が残らないワキガ治療のミラドライを試しました

以前から改善をしたいと考えていたワキガの問題

私は以前からワキガの問題で悩んでいて、このようなことに対応する方法がないかと考えていました。 知り合いにも相談をしたのですがその方がいうには、外科的な手術をしないと改善は難しいといわれました。 それで外科的な方法をするのはどうかと心配になって、ワキガ治療を受けるのを躊躇するようになっていました。 ただ会社で働いていると脇の部分が臭うことが多く、それを気にしてストレスが溜まりやすくなっていたので対応が必要でした。 そういう事が問題になりそうだったので、何か楽に治せる治療法がないかと調べてみました。 最初は雑誌などを使って調べていたのですけど、いい方法を見つけることができたのはネットを使って調べるようになってからでした。

ネットで調べた時に見つけたワキガの治療方法

ワキガが周囲にばれるのではないかと心配になって、治療法をネットで探したのですが探すと傷跡が残らない治療法がありました。 以前聞いた話ではメスを使って治すのが一般的だと聞いていたのですが、その治療法ではメスは使いませんでした。 私がネットで見つけた治療法はミラドライと呼ばれるもので、特殊な機械を使って脇の汗の線を破壊するものでした。 そのようなことを知って興味を持って調べたのですが、治療にかかる費用も安かったので一度受けてみることにしました。 その後ネットで調べたクリニックまで行ってカウンセリングを受けたのですけど、治療方法について丁寧に説明をしてくれました。 そして料金も納得できるものだったので契約をし、その後治療を受ける日を心待ちにしていました。

傷跡が残らない形で治療ができたワキガ対策

クリニックのミラドライの治療はカウンセリングを受けた、二週間後に予約をしていてその日に出かけました。 クリニックでは最初に簡単な説明を受けた後、脇の部分の毛を剃って麻酔のようなことをしてから行いました。 治療は特に強い痛みを感じることもなく一時間程度で終わって、その後医師とちょっとした会話をして帰りました。 それから一週間後に確認のためにクリニックに行ったのですけど、特に問題はないと説明を受けました。 ミラドライの治療をした跡は施術を受けた直後はヒリヒリしましたが、次の日には違和感はなくなっていました。 傷跡も全く残っていなかったため目立つことがなく、これならわきが見える服を着ても大丈夫だなと安心しました。

ページの先頭へ