最初は効果があったミラドライによるワキガ治療

ネットのサイトで見つけたワキガ治療の方法

学生の頃からワキガの問題に悩むことが多く、社会人になった時に思い切って治療をすることを決めました。 そのために色々な治療法について調べたのですが、私が重視したのはネットを使った情報収集でした。 ワキガの問題は一般的な雑誌には情報が少なく、具多胎的な治療法についても調べづらい所がありました。 それで情報の量が多いネットを選んだのですけど、ネットで調べるとミラドライという治療法を見つけました。 この治療法はマイクロ波を皮膚に照射して、皮膚の中にある汗の腺を破壊するものだと分かりました。 その話を見た時は危険性について心配になりましたが、色々調べると安全性の高い治療法だと理解できました。 それで家から近く料金のやすいクリニック人連絡をして、どのようなことをするのか相談をしてみました。

痛みもなく傷跡もなく治療できたミラドライ

ワキガ治療を受けるために家から近くにあるクリニックに行ったのですが、そのクリニックで治療法について色々話し合いました。 クリニックの医師によるとこの治療によるリスクは小さく、傷跡も残らないのでやりやすいといわれました。 ただ私は治療時に痛みがあるのではと心配だったので、そのような点については色々な話を医師から聞きました。 その点に関しては特別な麻酔をするので痛みは殆どないといわれて、それなら大丈夫と考えて治療を受けることにしました。 ミラドライの治療は脇の部分を麻酔してから一時間程度で終わり、痛みもなく楽にすませられました。 治療を受けた後しばらくはワキが臭いこともなく、汗も殆どかかなくなったので安心して過ごしていました。

治療を受けて三ヶ月後にまたワキが臭うようになった問題

ミラドライの治療は最初は効果があって、三ヶ月くらいまではほとんど問題が起こりませんでした。 ただ三ヶ月を過ぎたあたりから脇の汗が出やすくなってきて、多少わきが臭うこともあったので不安を感じていました。 それでもしかして治療が失敗したのかもと考えて、以前治療を受けたクリニックでみてもらうことにしました。 クリニックでは以前担当をした医師がいて、その人と今の症状について話し合いました。 脇の問題については医師によるとそれが自然で、治療を受けてしばらくするとそういう形になるといわれました。 それが問題にならないか聞いてみたのですが、特に問題にはならないようにしていると答えました。 それから更に三ヶ月がたったのですけど、今はそれほど脇の問題を気にしなくなっています。 たしかにわきが臭うこともありますが、十分に対応ができる程度なので快適に過ごせています。

ページの先頭へ